遺品整理を行う

遺品整理と聞くと、淡々と故人の所有物だったものを整理してしまうような言葉にもとれてしまい、なんだか冷たいイメージを抱いてしまいがちです。

が、しかし、故人が使用していたり、所有していたものを全て遺族で分け合うことは出来ず、処分する品々が数多く存在するので、こうした物にはやはり遺品整理という言葉が適しているかもしれません。

一般的には、四十九日の法要を済ませると、遺族にとっても一つの大きな節目になり、中でも納骨をすませるという事柄は気持ちの面でも大きな区切りになるため、この納骨をすませた忌明けに遺品整理を始めることが多いようです。

実際に遺品整理を始めると、故人が借りていたものが出てきたりしますが、この場合にはすぐに持ち主に返却する必要がありますし、遺族で判断しにくい、故人の仕事関係の書類などは同僚や上司に相談するとよいでしょう。

遺品整理をするということは、故人の思い出を処分してしまうようで、気持ちが進まないこともあるかもしれませんが、会社関係の重要な書類が見つかる場合や誰かに借りていたものが見つかる場合もありますので、避けられない仕事です。

しかし、それ以外の品については、あわてて遺品整理しなくても、ゆっくりと時間をかけて行い、故人との別れを受け入れながら時間をかけて行うのも望ましいでしょう。