遺品整理士

我が国の急速な高齢化の進展と、核家族化に代表される社会構造の変容に伴い、需要が高まっているのが、遺品整理業です。

故人の住んでいた部屋の片づけ、清掃、不用品処分などの遺品整理は、遺族の手で行われることが一般的でしたが、現代のライフスタイルにおいては、遺族の手だけで支えきれないのが現状となっていて、遺品整理業の事業者も年々増加しています。

しかしながら、現時点では遺品整理業に関する法整備はほとんど整っておらず、不用品を不法投棄したり、不当に高額料金を請求する悪徳業者も少なからず存在しているのが事実です。

遺品整理し認定協会は、遺品整理業の社会的役割と事業者数増加に伴う、遺品整理のモラル低下を是正することを理念として設立され、遺品整理士養成講座の運営および認定試験を実施し、業界の健全育成を図ることを目的としています。

遺品整理業は、高齢化社会において、20年間は確実に収益を上げ続けることのできる仕事といわれ、需要はますます高まっていますので、専門知識を習得し、適切な対応を行っていくことが今現在大変重要で最も求められているといえるでしょう。

遺品整理士の存在意義を守るためにも小さな絆から大きな信頼を生み出すことが必要です。