遺品整理業者

遺品はいわゆる遺産のうちでもとりわけ動産など物品全般を指しますが、亡くなった人が生前使っていた生活雑貨から衣類や家具、家電なども含めます。

急な出来事の場合や、借家や賃貸アパートの賃貸住宅を早めに明け渡さなくてはならないような場合には、葬儀などの法事が終了すると直ちに遺品整理にかかることが多いですが、日記や手紙、手帳・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管しておく必要があります。

少子高齢化・核家族化を背景に、独居老人の孤独死が社会問題化していますが、家具や生活用品が大量に残された状態で住人が亡くなった場合には、遺族の中には遺品の整理と廃棄が負担となるため、遺品整理業者に依頼するケースも多いようです。

遺品整理業者は、大部分は廃棄物処理業者と便利屋、遺品整理専門業者です。

あまり専門業者というものを聞いたことがないので調べてみると、色々あるようです。
私はこちら様が便利そうだなと思いました。遺品整理ネクスト

業者にとってほとんどの客が一元客なため、なかには遺族が多忙であったり、遺品整理場所が遠方だったり、遺族の困っている状況に付け込んで、高額の料金を請求する用は悪質な業者もありますので、業者を選定する際には作業内容、料金等を比較し、良心的な業者を探すことが大切です。

特にこうしたサービスでは、あとから追加料金が提示されるという事態がトラブルの原因となりやすいので、事前に見積もりをとって、その見積もり以外には料金がかからないことを確認しておきましょう。